鎌倉大船 りらく整体院長のひとりごとウェブログ
鎌倉市大船「りらく整体院」の院長ブログです。 皆さんが始めているウェブログというものを、院長であるワタシもやってみようと思って始めたものです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明朝 「シャボン玉工場見学」 オンエア
日曜朝の旅番組「遠くへ行きたい」で
整体院で取り扱っているシャボン玉石けんの工場見学があるそうです。

旅の途中の1シーンでしょうが、
普段は見れない製作過程が見れるようなので、興味あったらご覧ください。

オンエアは明朝7:30~日本テレビです。
スポンサーサイト
日韓インストラクターミーティング 2
協会の韓国支部と華川郡の災難救助隊とが親密な関係にあり、
華川郡ではシーズン中は多くの観光客がやってくるため特に災難救助に力を入れていることもあって
開催地としてのかなりのバックアップをいただきました。

そのひとつが地元テレビ局の取材。
取材中も真剣に

協会理事長インタビュー
協会理事長がインタビューに応えています。
夕方のニュースとかで流れたのかな??

研修中は大きな横断幕が掲げられていたり本来休みの建物を開けていただいたりと、
歓迎ぶりも充実していました。
横断幕

ファチョンバス
移動はすべて華川郡の用意してくれた(であろう)専用バスでした。
HwaCheon-Gum(ファチョン-グン)って書いてあります。


また夜の歓迎式典では華川郡司の来賓もありました。
(写真では撮らなかったけどこちらはきっと県知事とか州知事にあたる方です)

大変ありがたいことなのですが、
こちらとしてはそういうのにはまったく慣れていないのと、
そんなつもりもまったくなかったので恐縮しきりでありました。

カムサハムニダ!
日韓インストラクターミーティング
先週末から昨日までの3日間は臨時にお休みをいただいて、
ワタシの所属する国際救命救急協会の会合、日韓インストラクターミーティングに参加してきました。
3日間の休みとはいえ研修にあわせてのとんぼ返りです。


今年の開催場所は韓国・華川(ファチョン)郡、
首都ソウルからバスで3時間ほどのところにある北朝鮮に近いエリアの避暑地のリゾートでした。
日本では軽井沢にあたるリゾートだそうですが韓国の2月、完全にシーズンオフの貸切研修です。

研修の内容は、
新規格に従ったCPR(心配蘇生法)インストラクターの養成・訓練と
日韓インストラクター同士の交流です。

簡単に言うと、昼の部と夜の部ですね。
研修中の写真を何枚かアップしてみます。

心配蘇生法の技術訓練なので人形を使って本番さながらに行います。
ミーティング風景手前から子供・成人、奥が赤ちゃんの人形。
今回は人工呼吸がマウストゥマウス(口対口)ではなくバッグマスクを使って行うので
それ用の器具も写っています(赤ちゃんのそばの赤いもの)。

研修中は真剣にビデオを見ながら、時間もきっちり計りながらの訓練です。
もちろんAEDも当然のように扱います。

乳幼児への対応も
赤ちゃんが異物をのどに詰まらせたときの対応法なんかも学びます。
死ぬか生きるかの瀬戸際ですから、手加減無用でかなり強くたたきます。


人工呼吸は不要に?
救急救命の基本は心臓マッサージと人工呼吸です。
今回はそのうちの「人工呼吸」のお話。

救命救急の基本は最近は運転免許取得や学校・職場などで勉強するので
一度くらいは学んできているはずの方が多いと思います。
意識を失って倒れている人への対処法ですが、みなさんは
心臓マッサージ15回、人工呼吸2回の「15:2」のスタイルで学んだ方
心臓マッサージ30回、人工呼吸2回の「30:2」のスタイルで学んだ方
どちらのスタイルで教えられてきたか覚えていますか?

実は日本では昨年から日本赤十字も含めて30:2のスタイルにやり方が変更になりました。
よって、それ以前に勉強された方は15:2で、
昨年以降に学ばれた方は30:2のやり方で教えられているはずです。

この元になる国際ガイドラインは5年ごとに改定され、前回2005年の改定において、先ほど書いた「15:2から30:2のペースへ」とやり方が変更になりました。
その変更を受けて日本でも昨年から基準が変わったというわけです。

≪そのほかの変更点としては、AEDの使用が盛り込まれたこと、心マッサージの圧迫点や押圧の強さがずっと簡素化された、というのがあります≫

30:2に変更という事は、人工呼吸よりも心マッサージに重点を置くということです。
これは「救急救命の際にはこまめに人工呼吸をはさむよりも心臓マッサージを続けた方が救命に効果的」という考え方からきているもので、これを進めていけば「次かその次のガイドライン改訂時には人工呼吸そのものがガイドラインから外されているだろう」とも言われています。

そんな中、ネット記事でこんなのを見つけたので今日の話題にした次第です。
救急蘇生術:人工呼吸は不要 心臓マッサージに効果あり (毎日新聞) 】 

記事にもありますが、呼吸停止後も血中酸素はそれ程減らないことや、心マッサージだけでも肺への刺激はあるので、代用になる程度の酸素は取り込める、というのも人工呼吸不要の流れに傾く要因になっています。

人工呼吸といえば「マウス トゥー マウス」、口から口への吹き入れが一般的ですが、数年後にはその行為自体が過去のものになるのかもしれません。
ビリーズブートキャンプ …の成果?
ビリー来日して一時期はどこのチャンネルもビリーばっかり!
まだ時々話題にでてくるもののテレビの過熱ぶりもようやく少し落ち着いてきましたね。

そんなブートキャンプも入隊から1月半が経ちました。
相変わらず毎日1ビリーを目標に続けていますが、気になる成果を報告します。
実はビリー入隊したら気になってきたので体組成計を購入してしまいました。
昔は慎吾くん、今は真央ちゃんがCMしてるアレです。

計測は夕食前&入浴前&トイレ後のもっとも体重が落ちた状態で定点観測を続けてみました。

それによるとここ1ヶ月での変化は、
BMI値で22.5→21.8と微減ながら
気になる体脂肪率では約14%→約12%
骨格筋率では約33%→約36%
体年齢では31歳→28歳と
ビリー効果ははっきりと現れています。

計測を始めた時点で入隊から2週間ぐらい経っていたので、
本当に始める前の数値が分からないのが残念ですが、こんな結果がでました。


体組成計に乗るようになって気づいた事は、
夕食&晩酌で1.2㎏は軽く増えること。
ただし、その増えた分も一日の活動で消費してしまうので、
その程度の増減に一喜一憂する必要はありませんが。

そしてもう一つ。
体脂肪は体内の水分量などを元に計算するのですが、
そのため水分を取る前後やトイレの前後でもかなり変化してしまいます。
また、汗をかいてただ単に水分量だけ減らした場合、体重は落ちても体脂肪率は増えます。
「脂肪の量が同じだったら、体重落とせば脂肪の割合は増える」
当然と言えば当然ですが、こいつはその辺をキッチリ測ってきますね。


成果も出ているし、せっかく習慣づいて体も慣れてきてるので、
もうしばらく続けていってみようと思います♪ (なるべく…)


プロフィール

りらく整体院 院長

Author:りらく整体院 院長
「りらく整体院」院長のブログへようこそ!

2005年春に鎌倉市大船の鎌倉芸術館前にオープン、先日開業7周年を迎えた「りらく整体院」の院長ブログです。。皆さんお気軽にお越し下さい。

★↓整体院のHPはこちらから↓★
http://www.riraku-seitai.com/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

趣味は旅行・ドライブにキャンプ・温泉・山登りと意外と?アウトドア派。
サザンオールスターズの大ファンでもあります。
家では妻と娘(7歳)が待ってます。
最近はキャンプに行ったり山登りをしたりと徐々に娘をアウトドアに慣らせています。小学校の休みと整体院の休みがうまく合わないのが悩みどころ…



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ナビリサーチ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる